モラハラ(最初は優しかったのに、結婚後に突然豹変することも多いそうです)とは、精神的な暴力の事を言い、無視などの態度や人格を傷つけるような言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)など、精神的な嫌がらせ・迷惑行為全般をいうのです。しかしながら、モラハラ(夫婦間で起こった場合、時には子供にまで悪影響を及ぼすこともあります)はメンタルな部分であるだけに、その攻撃においては外から見えにくく、やり方も巧妙なため、モラハラかどうかの判断はむずかしい面があることでしょう。特に、1つ一つの行為や言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)は些細なものが多く、誰もがやってしまうようなことばかり。あからさまな悪態や罵倒などともなるとわかりますが、無視、舌打ち、不機嫌な態度、わざとつく大きなため息などは、判断が難しいといえます。ここでは、夫の妻に対する態度がモラハラ(外面はいいのに、人目がなくなると別人のように暴言を吐いたりします)かどうかのチェックポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)を挙げてみます。 ・出された食事が気に入らないと、別のものをたべる。 ・妻の趣味、特技が理解出来ず、くだらないと思っている。 ・体調が悪くても妻は家事をすべきと思っている ・家の中が整理整頓されていないと不完全なところを探し、皮肉、嫌味を言う。 ・ため息や舌打ちをする。 ・妻が楽シソうにやっていると不機嫌になる。 ・長時間説教する。 ・「誰のお陰で生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)可能なんだ」という。 ・「こんなことも判らないのか?」といった。 ・喧嘩したとき、「お前が怒らせるからだ」と責める。 以上に存在しているようなことが、繰り返しひんぱんに行われるのでしたらモラハラ(夫婦間で起こった場合、時には子供にまで悪影響を及ぼすこともあります)と判断していいですよ。また、それによって、自分が支配されていると感じるなら、明らかにモラハラ(最初は優しかったのに、結婚後に突然豹変することも多いそうです)ですー